2022年度 実務研修受け入れのための指導者研修 オンライン研修

■日 時:2023年1月22日(日)10:30~16:30
■参加者:会員 50名(認定ケアマネジャーの会会員 39名)・非会員 15名

実務研修受入れのための指導者研修を受講して
       ケアプランセンター杉並 大谷 紀子(東京都杉並区)

地域の主任ケアマネジャーとしてケア力向上のために人材育成に携わりたい、志を持ってケアマネジャーになる方の力になるためにまずは自らが学びたい、と考え本研修を受講しました。
白木先生の講義では介護保険制度創設以降のケアマネジャーの実務のなかで研修制度が確立し、実務研修が位置づけられたこと。その実務研修受け入れに対して心構えと実践的な技術の指導をするための受け入れ側の準備が大切であることを学びました。そしてグループワークを通じてケアマネジメントプロセスの各過程場面の意義・目的、実施時の配慮について考え話し合い、深めることで自らのケアマネジメントプロセスについて振り返ることができました。また実務研修を事業所全体で受入れることで実習者のみならず事業所のケアマネジャー全体のケア力も上がることが学べました。
この学びから実務研修を通じてケアマネジャーの仕事にさらに興味をもっていただく、価値を知ってもらう、なによりケアマネジャーの仕事の魅力を感じてもらえる「ファーストコンタクト」が実習受入れ担当者にあることが本研修を通じて感じました。私はケアマネジャーの仕事が好きです。共に利用者様の生活を一緒に支えていく仲間が増えていくことの一翼が担えることをうれしく思いました。

2022年度実務研修受け入れのための指導者研修を受けて
                      認定ケアマネジャー 赤坂 唱子

 今回で2回目の研修参加でした。1回目の研修を受ける前に事業所で実習生を受け入れました。保険者から受け入れについての説明書を何度も読み直し、確認して受け入れたのですが、指導者からの一方的な指導になっていたことに気づき、1回目の研修を受けました。
 1回目の研修で、自分だけが指導者ではなく、事業所として準備を行い、担当者を決めて説明振り返りを行うことを学びました。
 今回の研修で、事業所やケアマネジャーである自分の姿勢の見直しでした。グループワークで、実習生時の体験談や実習項目毎に何を伝えたら良いのか意見交換をすることができ貴重な時間でした。実習生は、これからケアマネジャーになる人の為、コンプライアンス、マナーなど基本的な指導も必要だと学びました。業務と同時に指導していると指導項目ばかりに重点を置いてしまっていることに気づかされました。研修中、白木先生の説明に「実習生を受け入れることが事業所の成長に繋がる。ケアマネはケアマネが育てていく。」という言葉に共感しました。これから関わる実習生には、学びある実習ができるように準備をしていきたいと考えています。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

2022年度 ミドルコーススーパーバイザー養成講座STEP4

■日 時:2023年1月21日(土) 10:30~16:30
■会 場:東京左官工業協同組合 オンライン(Zoom)
■参加者:認定ケアマネジャーの会会員 38名(会場参加 6名 オンライン 32名)

2022年度ミドルコーススーパーバイザー養成講座STEP4
  会場参加バイジー・バイザー
     千葉県 認定ケアマネジャー 日向ます子

〇事例を提供しバイジーとなってケースとして主任ケアマネのSVをさらにした事例でしたが、社内点検や日頃の仲間内関係で  指導をする側と受ける立場であり、そのことがSVでは対等の立場での展開でなかったことが逐語録の中で、発する会話に入っていました。バイジ―となって整理整頓をされたことで、今後の展開に悩んでいたことも事実でしたので、課題がはっきりわかり、受けてよかったと感謝です。白木先生の「利用者に利益のためのSVである」を実感いたしました。やはり現場にいかないとという焦りが前回あり 会場に行けてよかったです。Zoomではない会場の雰囲気がとてもありがたかったです。
〇バイザーになって、当日朝まったく事例を見てないなかで、その場でSVを行う! びっくりでした。でもサポートの方が脇に座っていてくださったおかげで事例をみることができましたが、質問をさらに重ねることや、バイジ―に言っても通じてくれないもどかしさをどう言ったらいいのか悩みました。
その中で白木先生も言ってくださり、さらにサポートの方も言った。でも理解していない。あとでサポートの方が聞いたことで、さらに周囲への影響も考えて発言していたと聞き、奥が深く、そこまでは考えられなった自分がいたことに気が付きました。今回の経験でSVは対等の中で、バイジ―をアセスする。それによっての余波も考慮する。書いてしまうと簡単ですが奥の深さをしみじみと感じました。
色々な準備をありがとうございました。

「2022年度ミドルコーススーパーバイザー養成講座STEP4」に参加して     
               山口県 認定ケアマネジャー 田久保 好美
 STEP4への参加は2019年度に続き2回目でしたが、前回とはまた雰囲気が違い、会場参加は6名・事例提供が4名という贅沢な環境で学ばせていただきました。私自身、どちらかというとスーパーバイザー役を練習させて頂く機会が多く、バイジーはケアマネジメント学会の研修では初めてで、緊張してのぞみましたが、白木先生をはじめ会場の皆さんのおかげでとても充実した時間を体験させていただきました。日頃のスーパービジョンの中で、自分自身に苦手意識があった点やバイジーの力量に見合わない期待を抱いていた点、また、バイジーに気づいてもらうための質問力の未熟さなど、たくさんの課題が見つかりましたので、今後はその点を自己研鑽していきたいと思います。
講義の中で、バイザーのバイジーへの関りがそのままバイジーの利用者への支援に反映されるということを学び、スーパービジョンの大切さと難しさを再認識することができました。これからもできるだけたくさん研修に参加していきたいと思います。ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

2022年度学会発表支援塾 実践編3

■日 時:2022年12月10日(土) 10:30~16:30
■会 場:東京左官工業協同組合(ファシリテータのみ)その他オンライン
■参加者:会員 20名(内認定ケアマネジャーの会会員19名)

「学会発表支援塾 実践編3」を受講して
          高知県高知市   認定ケアマネジャー 西野 恵実子

入門編から、実践編1~3をzoomのオンラインで受講しました。はじめは、色々な事を伝えたい思いで情報量が多くなり、どんどん思考が広がりすぎて何を言いたいのか頭の中が混乱しました。必要な情報と不必要な情報が、見返すたびに変わっていき、何度も書き換え、実践編3の最後の最後までぼやけた思考を整理していきました。また、抄録の1枚におさまりきらず、限られた文字数で言語化し表現することに苦渋しましたが、自分の論点の軸がぶれないよう、キーワードを3つに絞ることを意識して取り組みました。
グループワークでは、メンバー同士の学びや、質問によって、さらに自分の頭の中で考えて新たな思考の整理ができ、ぼやけていた焦点がまとまっていく過程が実感できました。また、他のメンバーの取り組んでいる姿も自分自身の励みにもなりました。
これからも自己研鑽していき、魅力的な研究発表ができるようになることを目標にしていきたいと思います。白木先生、ファシリテーターの先生方の心強いサポートのおかげで、とても充実した時間になりました。貴重な学びができたことを心から感謝申し上げます。

「2022年度 学会発表支援塾 実践編3 オンライン研修」を受講して
              和歌山県和歌山市 認定ケアマネジャー 青竹 公明

学会発表支援塾の「入門編」と「実践編1」「実践編2」に続き、今回で最終となる「実践編3」を受講しました。前回の「実践編2」のグループワークの中で、「抄録案」に対してグループの他のメンバーやファシリテーターの方から質問や助言をいただきました。それを受けて、前回までとは少し違った視点での「抄録案」を、今回の受講前に提出していました。しかしながら、私の思考回路が消化不良を起こしているかのように、自分の書いた抄録に対して「これでいい」という気持ちを持てずにいました。そんなスッキリしない気持ちで今回の「実践編3」に臨みましたが、白木先生から直接アドバイスをいただき、かかっていた「思考の霧」が晴れ、自分の主張すべき論点の道筋が見えたように感じました。
それまでは、自分には縁がないと思っていた「研究発表」が、現実味を帯びて「私でも発表できるのではないか」と思えるようになってきました。
最初は「研究発表の方法を学ぼう」とほんの軽い気持ちで受講していたのですが、今は来年の研究大会で発表してみようとまで前進できることができました。自分でも少し驚いているのですが、これもひとえに、白木先生やファシリテーターの方々、グループメンバーの皆様のサポートのおかげであると考えています。
本当にありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

2022年度 学会発表支援塾実践編2

■日 時:2022年11月19日(土)110:30~16:30
■会 場:オンライン
■参加者:会員23名 (内認定ケアマネジャーの会会員 21名)

「学習発表支援塾 実践編2」を受講して

               北海道帯広市 認定ケアマネジャー 佐藤美沙枝

学習発表支援塾も入門編、実践編1と続き、今回で3回目となる実践編2。

事例研究・発表には、倫理的配慮の重要性、具体的思考のプロセス、考察方法など、
日々の業務の中で実践していることばかりなのに、指定の文字数で文章にすることの
難しさを感じました。

背景にどういったことが言えるのか、論破するためにも言葉のもつ意味とは何か、事
例と一致していること、要旨と結論は連動しているのか、理論を活用する必要性な
ど、グループワークの前段で白木先生の講義を受けました。

グループワークでは、1ケースずつグループメンバーと真剣に意見交換し共に学ぶ。
その工程は、抄録作成が初めての私にとって、勉強しているのは私一人ではないとい
う安心感と一体感があり学ぶ姿勢も高まり大きな刺激となりました。

ケアマネの立ち位置、ケアマネジメントの有効性をどう文章の中で表現をするのか、
引用文献などを活用して捉えていく重要性の意味、発表のキーワードを軸に論拠を
もって主張する、伝えたいことは何かを、次回の実践編3に活かしていきたいと思い
ます。

ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

2022年度 学会発表支援塾実践編1

■日 時:2022年10月1日(土) 10:30~16:30
■オンライン研修
■参加者:会員 23名 内認定ケアマネジャーの会会員 21名

「学会発表支援塾実践編1」を受講して
      社会福祉法人かるべの郷福祉会 かるべの郷居宅介護支援事業所 田路智子

 10/1にオンラインで開催された「学会発表支援塾実践編1」を受講しました。以前学会発表支援塾を受講した職場の同僚から「大変だったが学びが深かった」と聞いていました。
白木先生の講義で、実践者が研究発表を行う意義、学会で発表する意義を学び、講義のあとの少人数のグループワークで、自分たちの発表事例の概要について話し合いました。焦点化するための質問やポジティブなフィードバックで自分たちの支援を振り返り、ケアマネジャーの視点か、自分はどういう立ち位置かと、ファシリテーターの助言を受けながら深く考えることができました。
成功事例を「うまくいって良かった」で終わらせるのではなく、なぜ上手くいったのかを論拠をもって考え、実践知とすること、別のケアマネジャーが別の方の支援に活かせるよう学会で発表するのは、先輩である私たちの責務です。あくまでもケアマネジャーとしての実践がどうだったかを深く考えることの必要性を感じました。
                                              

  

「2022年度 学会発表支援塾 実践編Ⅰ」に参加して
                     岐阜県 認定ケアマネジャー 市原 加代

 「学会発表支援塾 入門編」に引き続き、今回「学会発表支援塾 実践編Ⅰ」を受講しました。キャリアダラーを進めていくには必要な研修であったことが受講の動悸でした。
しかし、入門編、実践編Ⅰと受講するうちに、ケアマネジャーの私たち自身が日頃の実践を分析、考察し論拠を示す力をつけていく必要があり自分もそうなりたいと思うようになりました。
日々の業務では、個々の実践を振り返り次につなげる時間がなかなか持てていないのが現状です。なんとなく感覚的に「うまくいった」「スムーズに支援できた」など曖昧なままに過ぎていくことが多くあります。
今回の研修で、事例研究検討シートについてグループメンバーやファシリテーターの方からの質問や意見について考えてみると、自分の言いたいことが絞れておらず、実践者として「何を一番言いたいのか」「どこに焦点を当てるのか」そこから考え直したいと思いました。
また、自分の行ってきた実践を「なぜ良いのか」を理論的に言語化できるようにしていきたいと思います。本日はご指導ありがとうございました。
 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

2022年度 学会発表支援塾入門編

■日 時:2022年9月10日(土) 10:30~16:30
■オンライン研修
■参加者:会員21名 内認定ケアマネジャーの会会員 19名

2022年度 学習発表支援塾 入門編に参加して

              北海道帯広市 認定ケアマネジャー 佐藤美沙枝

相談援助の仕事に就き、自分が行っていることをどう表現できるのだろうか、とふと疑問に思ったときに学習発表支援塾の存在を知りました。
数値化されない、評価しにくいマネジメントが、根拠に基づいた支援として文字や数値として残す、分析する、そのような力をつけたいと思ったことが受講のきっかけです。
入門編は、実践者における事例研究の重要性を学ぶもので、講座の目標では、実践事例から普遍化する思考過程を習得することとし、研究大会での基本的な発表の方法、実践事例を研究する場合の方法、事例への向き合い方について学びました。
印象に残った言葉は、研究は実践を抽象化していく作業、成功事例の中には他の事例にも役立つ「大事なこと」が隠れておりそれを掴みだして他者に示すのが事例研究である、ということでした。
ケアマネジャーの社会的役割や価値の見出し方、報酬だけでは見えない魅力と共に、実践が理論を作っていく時代を私も共に行えるよう、そして研究する実践家になれるよう次回も楽しく学びたいと思います。貴重な学びをありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

2022年度 ミドルコーススーパーバイザー養成講座STEP1

■日 時:2022年7月30日(土) 10:30~16:30
■オンライン研修(Zoom)
■参加者:認定ケアマネジャーの会会員 23名

2022年度 ミドルコーススーパーバイザー養成講座STEP1に参加して
                東京都 認定ケアマネジャー 田見聖美

 私は毎月1回、地域のケアマネ同士でスーパービジョンを行う機会があるのですが、いつも自分のSVは単なる励ましや労いだけで終わっていないだろうかと自信がなく、実践力を高めるヒントを得たいと思い研修に参加しました。
 前半は白澤先生の講義で、ケアマネジメントの本質について4つの視点から先生の研究にもとづいて現状や課題について教えて頂きました。
その中でも介護者(家族)支援の課題に関する内容は興味深く、日々の業務でも仕事と介護の両立に悩む家族に直面する機会も多いだけに、ケアマネジャーは介護離職防止のための支援にも重点をおいて取り組まなければならないと感じました。
 後半の野村先生の講義の中では、先生が行うスーパービジョンの動画がありました。動画の中の野村先生は、のんびりしたペースで穏やかで、安心感のある話し方をしていらっしゃり、私のSVに足りないのはこれだ、と思いました。解説にはありませんでしたが、本題に入る前から先生がリラックスして相手の緊張を解き、心を開く雰囲気が感じられました。
 今後、よりよいSVをめざして、私は言語的な技術と同じくらいに、非言語の部分にも意識を置いた実践ができるように、研鑽を積んでいきたいと思います。
 今回の研修は当初、参集での開催予定でしたが、コロナ感染の再拡大により急遽オンラインに変更になりました。ケアマネジャーとしても、バイザーとしても普段は常に、人に実際に会って、その方の持つ雰囲気や周囲の空気なども全身で受け止めながらの支援なので、そのための研修も、できるだけ実際に参集するスタイルであってほしいと願っています。ですが、参集が叶わない状況の中でも、学びの機会をなくさずに開催して下さったことに心から感謝申し上げます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

スタンダードコーススーパーバイザー養成講座STEP3

■日 時:2022年7月16日(土)
■会 場:札幌市民プラザ星園・オンライン(Zoom)
■参加者:
会場参加  11名(会員7名(内認定ケアマネジャーの会会員7名)・非会員 4名
オンライン 78名(会員63名(内認定ケアマネジャーの会会員 50名)・非会員 15名     

スタンダートスーパーバイザー養成講座STEP3を受講して

                     札幌市 認定ケアマネジャー 秋場 隆章

札幌での会場参加で、事例提供者として、発表させてもらいました。
今回提出の事例を選んだ理由は、要介護度の割に、できていること、できてないことがあるなど、情報不足、整理がつかないまま、実はすっきりしていないモヤっとしたままの提出でした。
司会、記録は札幌の現地、質疑はzoomメンバーという形でしたが、すっかり、zoom慣れてしまい、ほぼ、違和感なく検討会に参会することができました。
検討の中で、生活歴がほぼ不明であり、また、現在の課題も、本人の生活歴や、時代や地域背景の影響についてわかりました。
また、踏み込んだ本人へのアプローチに躊躇している自分のケアマネ像に気づき、ハッとさせられました。
アセスメントとして多くの情報が集められますが、それらの情報を吟味し、事実や本人、現状の課題への影響を理解する必要があると感じました。
白木先生には、学会発表塾から何度も事例を検討していただき、コロナ禍のzoomばかりで、「やっとリアルで検討できたね」と言われたように、その場のライブ感を感じつつ、バイジーとして参加することで、バイザーの気づきを促す質問、支援の温かさを感じ、自身の支援の在り方について考えることができました。貴重な経験、学びを体感することができ、すっきりすることができました。ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

2022年度 スタンダードコーススーパーバイザー養成講座STEP2

■日 時:2022年6月5日(日)
■会 場:北海道札幌市 市民活動プラザ星園・オンライン
■参加者:
〇会場参加:   会員5名(内認定ケアマネジャーの会会員 4名)・非会員 2名 
〇オンライン参加:会員 68名(内認定ケアマネジャーの会会員 52名)・非会員 16名

2022年度 『スタンダードコーススーパーバイザー養成講座』STEP2(オンライン)
受講感想

                  千葉県 認定ケアマネジャー 千葉 洋平
 
STEP2研修ではオンラインで参加しました。今回の研修テーマでは事例検討会を進めていくにあたり、事例をもとにスーパーバイザー、スーパーバイジーの役わりを行い、ファシリテーション・グラフィックを活用した講義演習を行いました。
日頃の業務より、ケース担当者(ケアマネ)から相談を受けることがある中で、話しを聞いてその場で解決方法を探っていました。相手から答えを求められているようで、問われたことに対して答え(結果)を出すことが多くあり、ついつい「指導」になってしまう場面となっていました。担当者が抱え込まないように「相手に気づきを導く」にはどうすればいいのか、この研修ではこれまでの業務の中で、自分の振り返りができました。
ファシリテーション・グラフィックを活用した講義演習では、事例検討会や会議の場面で活用できる「質問」のスキルということで、「何について(議論の対象)、どのように(議論の構造)話しているか」参加者の認識を一致させるために、発言を記録・図式化したものになります。グループワークの実践では、事例をもとに7分間で、どの部分を相手に伝え、まとめていくのか、それを「ファシリテーション・グラフィックを活用」し図式化を行いました。私は「ファシリテーション・グラフィック」自体はじめて聞く言葉で、実際に活用する場面などでは、ボードなど進行状況をみえる形によって、①話しの流れ・論点がわかりやすくなる。②意見やアイデアが生まれやすくなる。③感情的な論争をさけることができる。など効果みられることがわかりました。演習実践では中々うまくまとめることができず、つい話しの内容をまとめることで精一杯となり、相手(相談者)の顔を見ないでいる自分でした。これではスーパーバイザーとしては機能せず、相談者も「相手は話しを聞いてくれているのか?」と不安になってしまうと感じました。講師の先生からも「何度も実践し、繰り返し行うこと」と助言もいただき、今後の事例検討会や相談業務などにも活かしていきたいと感じました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

2022年度 スタンダードコーススーパーバイザー養成講座STEP1

■日 時:2022年5月21日(土)
■会 場:北海道札幌市市民活動プラザ星園 オンライン
■参加者:
〇会場参加    会員6名(内認定ケアマネジャーの会会員5名)・非会員3名
〇オンライン参加 会員72名(内認定ケアマネジャーの会会員56名)・非会員14名 

2022年度 スタンダードコーススーパーバイザー養成講座STEP1に参加して
                        北海道札幌市  渡邊裕子
これまでスーパービジョンに関する研修は色々な先生のご講義を拝聴して来ておりました。基本的な機能などは重ねて確認し、頭では理解できているつもりでした。個人的にはバイザー経験が無いのに、スーパーバイズすることに違和感を持っていたため、自身が受けてきた指導者にSVをお願いしたこともありました。
しかし、包括支援センターが行うケアマネ支援では、コンサルテーションが主であり、何かしっくり来ないままでした。
今回、白木先生の研修では、包括としてのポジショニングなども確認することができました。また、先生が実践したケースなど、より具体的な内容で「経験が長いからできているとは限らない。」等は、外部のケアマネさんから相談を受けた時、勝手に期待値を高くしている自分がいることを見抜かれた印象でした。
ロールプレイを通じて何度も「バイジーのいるところから始める。」とのご教示も含め、白木先生のご講義は、その時々の自分の心理状態なのでしょうが、いつも新たな気づきや発見があります。継続し学んでいくことを改めて実感させていただいた、貴重な時間となりました。
明日からの自分に早速活かしていこうと思います。ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。