■日時;2012年9月21日(金)
■参加対象者:会員、非会員
■日本福祉大学 名古屋キャンパス 北館8階
講 師:日本福祉大学研究フェロー 野中 猛氏

 地域包括ケアシステムの構築が求められるなか、多職種が集い利用者支援を検討する「地域ケア会議」の果たす役割はます
ます重要になっています。しかし、限られた時間の中で、様々な立場の参加者から効果的かつ実行可能な結論を導き出すためには一定の“技術”が必要です。
 本講座では、この分野の研究・指導で全国的に活躍中の野中猛先生を講師に迎え、講義および「事例検討」を通じて、円滑に会議をすすめていくためのポイントについて学びます。
 初心者の方は、知識と技術を学ぶ場として、ベテランの方は、技術と感覚の維持・向上の場として、この機会をぜひご活用ください。

10:00~12:00【講義】  
13:00~16:00【模擬地域ケア会議および事例検討会】

日時
2012年9月21日 金
10:00~16:00

会場
日本福祉大学 名古屋キャンパス 北館8階
JR/名古屋市営地下鉄「鶴舞」駅 徒歩2分

受講料
一般/7,500円
本学在学生・卒業生/7,000円

定員
80名 ※先着順・定員に達し次第締切

本テーマにご関心をお持ちの方であればどなたでも参加いただけますが、
特に以下の職種の方にお勧めの内容です。
●市町村の担当課職員
●地域包括支援センター職員
●ケアマネジャー
●相談支援専門員
●医療ソーシャルワーカー など会議運営、参加が想定される方

20120921ケアマネジメントセミナー(野中先生)チラシ.pdf

最近の投稿